蜂の駆除をする前に大切なこと|生命を守るには

危険回避のために

蜂の巣

専門業者がいます

秋ごろになったときに、家の周りにたくさんのスズメバチが見られる状態になっている時には、近辺にスズメバチの巣があることを疑ったほうがよいかもしれません。夏から秋にかけ、スズメバチは働き蜂の数が増え、それに伴ってスズメバチの巣は巨大化していきます。そのため、周辺では多くのスズメバチの姿を見かけるようになり、スズメバチの巣に不用意に近づいてしまうと、威嚇、攻撃の対象になってしまう場合さえあります。多数のスズメバチが周辺を飛翔している場合には、スズメバチの巣があることを想定し、大きな音を立てたり、激しい動きをしたりしないことが大切です。そして、速やかに駆除専門家に相談し、場合によっては駆除を行ってもらうことです。

安く済みます

スズメバチのような凶暴なハチは、殺虫剤を購入して巣に向かって吹き付ける、などの方法で駆除することは難しいものです。一般に、スズメバチ用の殺虫剤は、刺されないように防護服などを着用した前提で使用するようになっていることが多く、特に巣を駆除する場合には、しっかりとした準備が必要となります。防護服は全身が覆われた状態を確保するようになっており、そこに厚手の手袋をはめ、さらにスズメバチの巣を入れるための大きな袋が最低限必要です。また、高所での作業になることが多く、はしごなどのアプローチするための道具を用意していくことになります。これらの手配にかかる時間と費用、駆除作業の危険を冒さなくてよいことを考慮すると、専門業者に依頼するほうが無難なのです。