蜂の駆除をする前に大切なこと|生命を守るには

対処前に種類を把握しよう

作業員

家の周りに蜂の巣ができてしまうと、どうしても慌ててしまいますが、冷静な対処が必要となります。冷静な対処をするためには蜂の生態を知ることが大切です。蜂は卵から生まれて幼虫、さなぎ、成虫となっていきます。成虫の活動時間は早朝から日中の太陽の出ている時間で、夜には巣に帰ってきます。そのため駆除する場合には夜に行うことによって一気に駆除することが可能です。水に濡れることを嫌がるため、軒先などの雨風の影響が少ない場所に巣は作られます。毒を持っているため刺されてしまうとアナフィラキシーを引き起こすこともあるため、駆除する場合には業者に頼むか、刺されないように雨合羽などを着込んでから行うことが重要となります。

同じ蜂でも特徴は異なってきます。スズメバチは大型の蜂で、雑食性で昆虫や樹液などを食べ、毒性が強く攻撃性が高いことが知られています。ミツバチは蜜を餌としており、餌集めの時に植物の受粉を行う益虫とも言えます。猛毒ではありませんが、毒性がありアレルギーを引き起こす可能性もあります。駆除する場合にはきちんと種類を把握してから対処することをおすすめします。駆除するときのポイントとしては、夜になるべく遠くから殺虫剤を使うなど安全を確保しながら行うことが大切です。役所に相談することで防護服や駆除道具を貸してもらえたり、業者を紹介してもらうことなどができます。業者に依頼することによって都合のいい時に処理してもらうことができ、予防策なども立ててもらうことが可能です。

危険回避のために

家の周辺にスズメバチの姿を多く見かける状態になった時には、スズメバチの巣があることを想定したほうが無難です。そして、無理に駆除しようとして危険を冒すのではなく、早めに専門家である駆除業者に相談して、駆除してもらうことです。

清潔で快適な家に

蟻の駆除は自宅にあるものやホームセンターで入手できる駆除グッズを使えば、一般の方でも容易に行うことができますが、駆除後は食べ物を表に出したままで放置するのはやめ、こまめな掃除をして、蟻が寄ってこないようにしましょう。

ハチに注意を

ハチを見つけたら、近くにハチの巣があるでしょう。よほど小さい時以外は自分で駆除するのは危険なのでやめましょう。どこにあるのかがわからなくても、詳しいことを伝えればプロなので業者でハチの巣を見つけて駆除してくれます。